上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
L:紙芝居B = {
 t:名称 = 紙芝居B(アイテム)
 t:要点 = 読む人,水飴,紙芝居
 t:周辺環境 = 座って聞く子供
 t:評価 = なし
 t:特殊 = {
  *紙芝居Bのアイテムカテゴリ = ,,,携帯型アイテム。
  *紙芝居Bの位置づけ = ,,,{国内政策用アイテム,四季折々の政策用商品,レンタルアイテム,ショップアイテム}。
  *紙芝居Bの取り扱い = ,,,レンタルショップ四季折々。
  *紙芝居Bのレンタル価格 = ,,,2マイル。
  *紙芝居Bの内容 = ,,,子供に未来について考えさせる話
  *紙芝居Bの特殊効果1 = ,,,紙芝居Bを読み、魅力判定5に成功したら紙芝居Bを聞いている子供に紙芝居Bの内容を伝える事ができる。その内容は紙芝居Bの内容に依存する。
  *紙芝居Bの特殊効果2 = ,,,紙芝居Bを読む事で場の空気は暖かくなる。
  *紙芝居Bの時限 = ,,,レンタルしてから30日経ったら返却しないといけない。
 }
 t:→次のアイドレス = なし

値段:2マイル

紙芝居はただ読むだけではなく、子供と話をしながら次のページを見せるので、大人と子供が作るお芝居と言うのが正しいでしょうか。

お買い上げの際にはこちらにどうぞ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。